姫と太郎のぽかぽか日記

<   2006年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ずりばい

パソコン復活してから、矢継ぎ早に投稿していましたが、ようやく書きたかった本題までたどりつきました。

みはるんは少し前から、お腹を支点にして360度、くるっと方向転換できるようになっていたのですが、最近、ずりばいができるようになったのです!

まだおしりは持ち上がらないのですが、みはるんの腕の力強いこと!
まずうつ伏せで両腕をつっぱり、おへその辺りまで上体を持ち上げて、あたりを見渡します。
そして、何か目新しい物を見つけると、その獲物に向かって匍匐前進よろしく、まっしぐらに突進していくのです。
いつの間にこんなに動けるようになったの?!という感じ。

まずは狙いを定めて
b0082358_04538.jpg

突進中。狙いは・・・?
b0082358_042535.jpg

カメラですか~?!
b0082358_044136.jpg


せっかくプレイマットを敷いていても、すぐにフローリングの上まで移動してしまい、ちょっと目を離したすきに、ソファの下に潜り込んだり、テレビラックの下に置いてあるプリンターをカチャカチャいじったり、ゴミ箱を倒したり、ママのスリッパを舐めようとしたり、扇風機を付けたり消したり、コードをナメナメしたり・・・ともう、いたずらし放題で、その度に引き戻すのが大変!

みはるんが一所懸命進もうと、足を交互にばたばたさせている姿は滑稽でかわいいのだけれど、私もずっと、みはるんにつきっきりという訳にもいかないし、このままでは危ないので、みはるんを安全な場所に隔離する方法を考えることにしました。

でも、お店で売っているベビーゲートは、我が家の場合、間口が広すぎて使えないし、サークルを買っても、どうせ後追いが始まったら入れても泣きそうだし、何かいい方法はないものか・・・?
色々考えた結果、まずは家具のレイアウトを変更し、ローチェストでスペースを区切り、みはるんスペースに囲いを作ることにしました。
出入り口にはいずれ、大人がまたげる高さのネットを張って、みはるんの進入を防ぐつもりです。
うまくいくかな?

それにしても、ずりばいの今でさえ、これだけ大変なんだから、ハイハイやつかまり立ちが始まったら、どうなっちゃうんでしょ?
成長早すぎて、ママはもう、ついていけません・・・。
でも、「みはる」だけに、ちゃんとみはっておかないとね!・・・寒っ(++)
[PR]
by miharunmama | 2006-07-30 00:12 | 生後6ヶ月

離乳食が2回食に

5ヶ月目の6月5日に離乳食を始めてから、気が付けば、もうすぐ2ヶ月!
7ヶ月目からは、モグモグ期である中期に入るのに、このままではまずい!と思い、ようやく重い腰を上げ、7月20日から離乳食を2回食にしました。

最初のうちは、スプーンを口に持っていっても、うまく口に入れられず、入れてもまた出してしまったり、量もあまり食べてくれませんでしたが、最近は、あーんと自分から口を開けて、うまく食べることが出来るようになり、トリップトラップチェアにも座れるようになりました。
b0082358_0522526.jpg

でもまだ食べる量にはむらがあり、同じメニューでも、完食したかと思えば、嫌がってほとんど食べてくれないことも。
できるだけ、10時と14時に食べさせることにしているのですが、不機嫌なときは、スプーンを持っていっても口を開けようともせず、無理やり食べさせると怒って泣き出すので、ほとんど食べずに終わるのですが、そんなときは、せっかく作ったのに・・・とがっかりしてしまいます。

実は今朝も、ほとんど食べてくれず、食べさせる時間がよくないのか?それとも食べ物の味が嫌いなの??と悩んでしまいましたが、ひょっとして、お腹が空き過ぎているのかもと思い、試しに先にミルクを飲ませてみたら、ようやく落ち着いたみたいで、最後まで食べてくれました。
今までは、本に載っていたタイムスケジュール例どおりにやっていたのですが、もう一度考え直さないとダメみたい・・・。

離乳食作りも、はじめは慣れないことばかりだし、手ですりつぶしたり漉したりしていたので、時間もかかって大変でしたが、最近は手抜き技を覚えたので、だいぶ楽に作れるようになりました。

野菜をゆでるのも電子レンジを利用するとすぐできるし、フードプロセッサーとミキサーを買って使ってみたら、すりつぶしもほんとにあっという間にできちゃうので、とっても楽チン!
おかゆや野菜のすりつぶしはまとめて作って、ラップや製氷器に小分けにして冷凍し、食べさせるときに、電子レンジで解凍しています。
b0082358_052551.jpg

いつも作るメニューは、にんじん・ほうれん草・かぼちゃ・キャベツ・ブロッコリーなどを、ゆでてすりつぶしたものと、おかゆを混ぜたもの、さつまいもやジャガイモのミルク煮、お豆腐のすりつぶしなどで、最近では卵の黄身なんかもあげています。
そしてデザートは、バナナやりんご、ももなどを混ぜたヨーグルト。

できるだけ手作りしようと心がけてはいますが、おかずがなかったり、毎回同じようなメニューになってしまう時は、ベビーフードも活用しています。
特にフリーズドライ加工されたBFは使いやすく、あるとやっぱり便利。
ほんと、電子レンジやフードプロセッサー、BFがある時代でよかったぁ。
これからも文明の利器をもっと活用して、手抜きメニューを増やしていくぞ♪
みはるん、これからはもっともっとたくさん食べて、大きくなってね!
b0082358_0525677.jpg

[PR]
by miharunmama | 2006-07-29 01:07 | 生後6ヶ月

歯が生えてきました!

昨日、パソコンが戻ってきました。
修理は、電源ユニットの交換のみで、データはすべて無事でした。ホッ!
ブログも再開できてうれしいな(^^♪
書きたいことが山ほどあるので、順番に片付けていかないと・・・
ということで、まず一つめ。
最近みはるんに、下の前歯が2本、生えてきました!

以前から、よく物を口に入れてはカミカミしていたのですが、10日ほど前、おっぱいを噛まれた時かなり痛かったので、ひょっとしてと思い口を開けてよーく見てみると、下の前歯が、ちょこっとだけ顔を出しているのを発見!
今では笑うと、歯がちらっと見えるようになりました。
写真で見えるかな?
b0082358_1885540.jpg

勢い余っておっぱいを噛まれると、飛び上がっちゃうぐらい痛い!
みはるん、おっぱいはもう噛まないでね~(^^;
[PR]
by miharunmama | 2006-07-28 18:11 | 生後6ヶ月

またしてもパソコンが!

昨夜のこと。
パソコンの電源を入れようとしたのですが、スイッチを何度押しても、なぜだか、うんともすんとも言わず。
昼間は普通に使えたのになんで???と、にわかに故障とは信じられず、とりあえず明日にしようと寝たのですが、一夜明けても状況は全く変わらず。
仕方なくコールセンターに電話して、コンセントやコードを抜いたり挿したりしてみたのですが、結局修理に出す事になってしまいました(>_<)
パソコン、ついこの前買ったばっかりなのに~(T_T)
「ハードディスクを交換する可能性もあるのでご了承下さい」って、みはるんの写真がたくさん入ってるんだぞ、了承できるか~!!
というわけで、パソコンが使えなくなってしまい、今しこしこと携帯で書いてます(:_;)
前のパソコンデータ消滅事件に引き続き、呪われてる…
コメント頂いたMOUPUさん、お返事書けなくてごめんなさい!
パソコンが帰って来るまで、少々休みさせていただきます。
あぁ、どうかデータ消滅だけは免れますように…
[PR]
by miharunmama | 2006-07-23 23:51 | 日々の出来事

楽しいバスタイム

みはるんは、バスチェアーが大好きです。
バスチェアーに座っているといつもご機嫌なので、この頃はお風呂に入るとき、みはるんも一緒に入れて、まず、ぬるめのお湯を少し張った湯船に、みはるんをバスチェアーごと入れてしまうことにしました。
みはるんは、ママが頭と体を洗っている間、ずっと足をパチャパチャさせながら、おとなしく一人で遊んでいるというわけ。
バスチェアーごと湯船に入れてしまうと、お風呂の洗い場は狭くならないし、みはるんも湯冷めしないし、ママが近くにいるので安心だし、一石三鳥!
我ながら、なかなかのグッドアイディア(#^.^#)
b0082358_1541395.jpg

バスチェアーに付いているハンドルをくるくる回しながら、時々、ママを見上げるみはるんに、「楽しいの?」と声をかけると、ニッコリ笑ってまたハンドルに戻り、飽きもせず遊んでいます。
この前は、湯船の中で遊びつかれたのか、そのままねんねしてしまい、その姿がかわいくて、写真まで撮っちゃいました。
それにしても、みはるんのお腹、お相撲さんみたい・・・
b0082358_1542748.jpg

最近、いざ、みはるんの体を洗おうと抱っこすると、ちょうど目の前に、ママのおっぱいが来てしまうせいか、みはるんは、おっぱいを見つけると、鯉のように口を開けて吸いついてくるようになってしまいました(>_<)
もちろん、せっけんが付いていようが、お構いなし。
変なくせがついては困ると思い、離そうとすると今度は泣き出し暴れるので、結局は仕方なく、おっぱいを吸われながらみはるんの体を洗うのが、いつものパターンになってしまいました・・・。
そんな自分の姿がなんだか情けない。
お風呂でおっぱいを吸われない方法、考えないとね。
[PR]
by miharunmama | 2006-07-19 15:07 | 生後6ヶ月

仙台のおばあちゃん&N子さん

16日、仙台に住む義母と、先日結婚したばかりの義妹N子さんが、我が家に遊びに来てくれました。

みはるんはまたまた、ドイツ・ハイメスHEIMESS社の木製ラトルと、かわいいねずみのベビーチェーンをいただいてしまいました。
ベビーチェーンというのは、かわいいだけでなく、これにラトルやおしゃぶりなどを通して、赤ちゃんが落とさないように、洋服やベビーカーなどにクリップで付けられるというすぐれもの。
b0082358_16133458.jpg

外国製のおもちゃって、色使いがカラフルでかわいいものが多いし、特に木のおもちゃは温かみがあって、大人でも欲しくなっちゃう・・・。
さすが、いつもセンスのいいN子さん、ありがとう!!
みはるんも気に入った様子で、さっそくナメナメしてました。
b0082358_16134874.jpg

ケーキを頂いた後、みんなで中華料理を食べに、車で出かけることに。
お店は、私の実家の家族みんなで、昔からよく行っていた天外天というお店。

みはるんは、行きの車の中からねんねしてしまい、お店で起きると、しばらくはベビーカーの中でおとなしく一人遊びしていたのですが、やはり長時間は持たず、最後はぐずってしまい、交代で抱っこするはめに。
b0082358_1614575.jpg

慣れない人や場所だとやっぱり緊張するのか、パパやママが一生懸命あやしても、あまり笑ってくれませんでした。
おいしいものも、みはるんは見ているだけで食べられないしね・・・

でも我々は、おいしいお料理を最後まで堪能し、お腹も一杯になって大満足!
本当にご馳走様でした。

ちなみに頼んだお料理は、
蒸し鶏とサラダの前菜(名前は忘れた)
夏野菜の炒め
剥き車えびの黒豆入り炒め
四川麻婆豆腐
坦々麺
やわらか杏仁豆腐

どれもみんなおいしかったです♪
また、みんなで行けるといいな(*^^*)
[PR]
by miharunmama | 2006-07-18 16:25 | 日々の出来事

出産体験記

私がみはるんを出産をしてから、すでに半年が経ってしまいましたが、出産の時の記憶をすべて忘れてしまわないうちに、「出産体験記」として、まとめてみることにしました。

出産当日、陣痛室に入ってからの細かい時間などは、もうあまり覚えておらず、陣痛の間隔を記録していたメモも捨ててしまったので、曖昧なところも多いのですが、今思い出せることを書き出してみたところ、結構な長さになってしまいました(><)
かなりの長文ですので、興味のある方だけお読みくださいね!
b0082358_1234452.jpg

私が出産するにあたって、女性は先祖代々、子供を産んできたのだから、私も何とかなるだろう、とあまり深く考えていなかったのですが、実際に産んでみて、出産が予想以上に大変であることを実感しました。

でもその大変さを通して、私は、子供の母親となる自覚と自信が生まれたような気がします。
そしてこれからも、子供が産まれた時の喜びを、いつまでも忘れずにいられたらいいな、と思っています。
b0082358_1215688.jpg

b0082358_1221031.jpg


「出産体験記」(クリックしてください)
[PR]
by miharunmama | 2006-07-17 01:03 | 出産

産院選び

私はこういうスタイルで産みたいとか、出産に対するこだわりはあまりなかったのですが、どこの病院で出産するかは、散々迷いました。
読んでくださる方の中には、これから子供を産む方もいらっしゃると思うので、参考になるかはわかりませんが、ここでは、私の産院選びについて、少し書いてみたいと思います。

私が最初に、妊娠検査薬で妊娠していることが分かった後、とりあえず、自宅から最寄りの産院へ行ってみたのですが、建物や設備が古かったのと、診察までとても待たされたため、あまりいい感じがしませんでした。
その後、ネットや本で、産院について色々調べてみたのですが、産院に関する情報は意外と少なく、設備や費用はわかっても、病院の雰囲気や助産士の対応など、一番知りたい情報はあまりわかりませんでした。
まあ、これらは主観的なことですし、実際に通院してみなければわからないことなので、私は「ここで産みたい!」という本を参考に、自宅から電車一本で行けて、土曜日も診察してくれる、某総合病院へ通うことにしました。

私が産院を決める条件としては、
立会い出産ができること、
そこそこ、病院の規模が大きく、評判もいいこと、
実家と自宅両方から通いやすいこと、
費用がそれほど高くないこと、
過度なサービスはいらないが、設備が整っていて、きれいなこと、
昼間は母子同室で、夜は預かってくれること、
病室は個室でなくてもいいが、多くても6人部屋であること、
出産間近まで会社で働いていたので、土曜日の診察があること、
診察であまり待たされないこと、
というものでした。

その後もいろいろな病院に電話をしたりして調べたのですが、あちらを立てればこちらが立たず、という感じで、すべての条件に合う病院はなかなか見つからず、結局、妊婦検診に通っていた総合病院で産むことにしてしまいました。

この病院の診察は、いつもあっという間に終わってしまい、先生の応対もたいてい事務的で、あまり親切丁寧という感じではなかったので、本当はもう少し実家に近い、違う病院にしたいと思っていたのです。
でも、どこの病院に行けばいいのか決めかねてしまい、途中から違う病院にかかるのが面倒になってしまったのと、よく考えてみれば、それまで通院していた病院は、対応が事務的であることと、医療技術的なレベルを除けば、私のあげた条件を、だいたいクリアしていたので、結局どこで産んでも、産むこと自体にはそんなに変わりはないだろうと、最終的には、それまで通っていた病院で産むことに決めたのでした。

ただ、今にして思えば、やはりもう少し、医療技術やまわりの評判を重視して選ぶべきだったと、ちょっと後悔しています。
陣痛室では、助産士はあまり様子を見に来てくれず、事務的で、かなり不安な思いをしましたし、出産後、胎盤遺残となり、その処置で、相当辛い思いをすることになったため、病院に対する評価はマイナスになってしまいました。
もし違う病院で産んでいたとしても、同じ処置が施されたとは思いますが、それにしても、少なくともあそこまで痛い思いはしなくて済んだのではないか、と思わずにはいられません。
あの経験がトラウマとなり、もう子供を産む気になれないくらい、出産が辛い思い出になってしまいました。

もちろん、私が産んだ病院すべてが悪かった、というわけではありません。
産後の助産士の対応は、まあまあ親切でしたし、昼間は母子同室で、夜や都合が悪いときは新生児室で預かってくれることも、ゆっくりできてよかったと思います。
産んだ後は、たまたまですが、同じ病室の人は全員翌日までに退院していってしまい、しばらく個室状態でのんびりできたし、その後入ってきたMちゃんとはお友達になれて、今でも親しくお付き合いしています。
また入退院の際、希望者には送迎のサービスがあるので、私も退院時には病院の車で実家まで送ってもらいました。
もし後産であんなことさえなければ、ここで産んでよかったと思っていたかもしれません。

出産に際し、なにを重視して病院を選ぶかは、人それぞれだと思いますが、設備やサービス面だけでなく、実際にそこで産んだ人に聞くか、できれば私のように面倒くさがらず、実際に診察を受けてみるのが一番だと思います。
[PR]
by miharunmama | 2006-07-16 01:04 | 出産

人見知り?!

13日、実家での出来事です。

私が2階でパソコンをいじっていたら、下でみはるんのひえーん!という泣き声が聞こえ、「あらら?ミルクは飲ませたばかりなのに・・・」と思いながら降りていってみると、ばあばが抱っこして、一所懸命あやしているのに、みはるんは下唇を突き出して、お腹がすいた時とは違う、なんだかおびえたような泣き方をしていました。
普段、お腹が空いた時以外で、抱っこされて泣くことはほとんどないのに・・・

ところが、私が抱っこしたところ、みはるんはぴたっと泣き止んだのです。
ばあばと私は顔を見合わせ、「これはもしや・・・、人見知り?!」ということで、もう一度、私が隠れてみたところ、またもや、見る見る間に下唇が出てきて、涙を流し始めるみはるん!
その後なんども、私がバイバーイ!といなくなっては泣き、現れては泣き止むことを繰り返し、完ぺきに、人見知りが始まったということが実証されたのでした。

そういえば、実家に行く際、迎えに来てくれたばあばがみはるんを車に乗せたときも、みはるんはなぜか泣いていて、私が後から乗り込んで、抱っこしたら泣き止んでたもんね。

とうとう始まってしまったか・・・
これからは、みはるんを実家に預けてお買い物でも、というわけにはいかなくなってしまうのかしら?
まあ、人見知りはママがわかってきた、成長の証とも言えるし、私としては、ちょっとうれしいような困るような、複雑な気分。
でも、ばあばはやっぱり、ショックだったみたい。
ばあば、こんなにしょっちゅうみはるんに会いに来てるのにね。

今のところ、ママが近くにいれば、誰が抱っこしても平気みたいだし、何かに夢中になっているときは、しばらくいなくても大丈夫なときもあるけれど、この先はどうなるのかなぁ?

そして心配なのは、果たしてパパに対しても人見知りをするかどうか。
しちゃうんだろうな。きっと。
この3連休で、検証してみたいと思います。

b0082358_23142859.jpg

ばあばからもらったお洋服を着て
[PR]
by miharunmama | 2006-07-15 17:31 | 生後6ヶ月

虎良彦君登場!

14日、私のいとこのみっちゃんと、1歳半になる息子の虎良彦君、そして、虎良彦君のじいじである叔父さんが、実家に遊びにきてくれました。
いとこのみっちゃんと私は、同じ歳で、小さいときは2軒隣に住んでいたため、よく一緒に遊んでいましたが、みっちゃんが実家を離れてからは、ずーーーっと会っていなかったので、今日が、十何年ぶり?の再会!
みっちゃんの書いている虎良彦日記に私がコメントを入れたことから、この度めでたく、再会する運びとなったのでした。
お互い、母親同士になって、久しぶりに会うのは少しドキドキしましたが、みっちゃんは昔と変わらず、明るく元気で、一緒に遊んでいた頃をなつかしく思い出しました。
b0082358_0492434.jpg

息子の虎良君は、きりっとした眉毛が男前のやんちゃざかり!
なぜ虎なのかを聞いたけど、別にタイガースファンというわけではないらしい。
最初はおとなしめでしたが、叔父さんからパトカーのおもちゃをもらうと、もう他のものは何も目に入りません。
「アポパー(パトカー)!」と言っては、おもちゃのサイレンを鳴らしながら、あちこち走らせて動き回ってばかり。
やっぱり男の子だねぇ・・・
でもみはるんにも、「いい子いい子」してくれたり、おもちゃを貸してくれたり、とってもおりこうさんだったよ!
b0082358_0452257.jpg

みはるんには、あひるのおもちゃと、かわいいお洋服まで頂いてしまいました。
たくさんもらってよかったね~!!
でもみはるんは、まだ、おもちゃより包装のビニール袋のほうがいいみたいで、袋をひたすらナメナメしてました。

虎良君は、食欲も旺盛で、大好物のトマトやぶどうを、一人でみんな平らげてしまって、みんなびっくりでしたが、お腹をこわさなかったかな?

何はともあれ、狭い居間に大勢が集まって、とても賑やかで楽しい時間でした!

みっちゃん&虎良君、また遊びに来てね!!
[PR]
by miharunmama | 2006-07-15 00:55 | 生後6ヶ月

06年1月生まれの長女と08年11月生まれの長男の成長と子育てについてつづる日記です。
by miharunmama
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のトラックバック

子供に名前を付ける際の注意点
from 子育て、育児、保育の悩み解決
金のたまご-白いんげん豆-
from おすすめ

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな