姫と太郎のぽかぽか日記

<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

いよいよ臨月

今日は妊婦検診があり、病院に行ってきました。
いよいよ明日から臨月に入ります。

毎日、実家で何もせず、上げ膳据え膳でごろごろさせてもらっているお蔭で、先生から「いつ産まれてもおかしくない状態」と言われながらも、なんとかここまで持ちこたえることが出来ました。

内診の結果、ベビーの頭はかなり下の方まで降りて来ているけれど、子宮口はかろうじてまだ閉じているとのこと。
ここまで来たら正期産に入る11月までなんとかもってくれればうれしいな。

ベビーの大きさも小さめで心配しましたが、このところは順調に大きくなっていて、今は2300gぐらいになっているようだし、ママの血小板減少に関しても、なんの病気かははっきりしないものの、出産には特に問題ないとのことでした。

ベビーの名前もまだ決まっていなかったのですが、先日パパとメールでやり取りをしてようやく決まり、あとは無事に元気な子が産まれてくれることを祈るばかりです。

それにしても、先日の都内の病院たらい回し後の妊婦死亡事故については、同じ東京で、私も馴染みのある有名病院であることや、妊婦さんの年齢も近いことから、とても他人事とは思えませんでした。

こんなことが二度と無いようにしてもらいたいけれど、病院側も医師不足の現状ではどうしようもないことなのかなあ・・・

今はとにかく、自分が病気にならないように気をつけるしかないですよね。

一日でも早く、いつでもどこでも安心して出産できる体制を整えてもらいたいものです。
[PR]
by miharunmama | 2008-10-24 16:46 | 2歳6ヶ月~3歳

里帰り中

10月5日から、みはると共に里帰りをしています。

みはるは、ママそっちのけで大好きなばあばを追い掛け回し、何をするにもばあばを呼びつけるので、ばあばは既に少々お疲れ気味のようですが、おかげ様でママは何もせず、のんびりさせてもらっています。

6日には実家近くの大学病院へ行き、診てもらったのですが、ここで思わぬ事態が発覚しました。
小山で通っていた産院で書いた紹介状の出産予定日の日付が、正しくは「11月22日」のところ、なんと、2がひとつ抜けた「11月2日」となっていたのです。

その産院に紹介されて行った栃木の大学病院でも、紹介状の日付を信じ、3週間も先の週数で胎児の大きさを診ていたことになり、先生に「この週数(35週過ぎ)で受け入れてくれる東京の病院はないよ」と言われたり、ハイリスクな出産取り扱い数が多いその病院で産むことを強く薦められたのも、今となっては頷ける・・・。

東京の大学病院では診察前に、母子手帳に私が書いた出産予定日と紹介状の予定日が違っていることに助産士さんが気づき、確認されて私も2つの病院の紹介状の内容を見せて貰ってはじめて発覚しましたが、2つの病院のデータがそれぞれ間違っているため、何が正しいのかがはっきりするまで、かなり混乱を来たしてしまいました。

最初の産院のいい加減さには腹が立ちますが、私としてもびっくりの出来事でした。

それはさておき、診察ではベビーは正しい週数でみても、体重の増え方があまり良くなく、小さめであるにもかかわらず、既に骨盤内に入り込んでしまっていることから、早く生まれてくる可能性が高いと言われ、次回30分くらいかけて詳しい超音波検査をすることに。

8日にもう一度病院へ行き、その超音波検査をしてもらったのですが、ベビーの頭がさらに下がってきていて、超音波専門の先生も、なかなか正確な頭の大きさを測ることが出来ず苦労していたようでした。

ベビーが小さい原因はよくわかりませんが、心臓などの内臓や、臍帯の血流を調べてもらったりした結果、特に異常はないようで、少しだけ安心することができました。

ママの血小板数も10万と少な目でしたが、こちらはまあ大丈夫でしょう、とのこと。

でも今後は、ベビーに少しでもお腹の中にいてもらうため、できるだけ安静にしているように、と言われてしまいました。

確かに、まだ33週目なのにベビーが下がってきているせいか、少し歩くだけで足の付け根が痛くなったり、お腹が張ってきてしまうので、今後は外出せず、家の中で大人しくしていようと思います。

せめて35週くらいまでは、お腹に入っていて貰わないとね!!
[PR]
by miharunmama | 2008-10-10 16:58 | 2歳6ヶ月~3歳

トイトレ終了?&しばしのお別れ

これまで懸案だった、みはるのうんちですが、今ではもうオムツに履き替えることなく、トイレで座ってできるようになりました。

おしっこのほうも自分から言って、一人で行けるようになり、昼寝をしていても「おしっこ~!」と言って起きるようになったし、まだ時々はちびってはいますが、昼間はほとんどおもらしすることなく、パンツで過ごせるようになりました。

夜はまだオムツだし、これからも失敗はすると思うけど、ここまで来れば、ほぼトイレトレーニング終了と言っていいのではなかろうか?

現在2歳8ヶ月、7月過ぎからなんとなく始めたので、ここまで約3ヶ月かかったけど、ママが面倒くさがって、ずっとオムツを履かせっぱなしだった日が多かったことを思えば、それほど苦労をせずに自然にできるようになった感じです。

一人でうんちをした後、うれしそうに「みん、おねえちゃん?」と聞くみはるを見ると、本当にお姉ちゃんになったなあ!となんだか感慨深くて・・・

なーんて言っておきながら、下が産まれたらまたオムツになってたりして・・・汗
まあ、そうなったらそうなったで仕方ないよねヾ(´▽`)

みんみん、
これからも、かっこいいお姉ちゃん目指して、ひとつひとつレベルアップしていこうね!

27日土曜日、公園でパパと変わり自転車やアンパンマンカーに乗って遊びました。
b0082358_17242967.jpg

b0082358_1724565.jpg

b0082358_1725971.jpg

話は変わりますが・・・
先週末、ベビーを小山で産むか、里帰り出産をするか、パパと話し合った結果、今後、ママに何かあった時、急には誰も駆けつけられないし、産む前からばあばに来ていてもらうのも大変なので、やっぱり里帰りをして東京の病院で産むことになりました。

今週末には小山を離れ、しばらく実家に帰る予定です。
予定日は11/22なので、小山に戻ってくるのは12月末か、年明けになっちゃうかも・・・?

こんなに長い間家を空けるとなると、荷造りも大変だし、パパや家のことも色々と心配だけど、仕方ありません。

パパは面倒くさがりやで、料理どころか、掃除や片付けも苦手な人なので、帰ってきたときの家の中はきっと酷いことになっているでしょう。
(想像するのが怖い~(>_<))
パパ、留守中色々大変だろうけど、家のことをよろしくお願いしますね!!

みはるが今、週1で通っている幼稚園も当分の間行けなくなってしまうため、来年度からは違う幼稚園に通うこともあって、残念ですが、いったん辞めることに。

みはるは幸い、来年から通う幼稚園のほうが好きらしく、今の幼稚園に行くのを嫌がるようになっていたので、みはるには問題ないのですが、お友達と遊べなくなるのはちょっとかわいそうかな・・・

小山に戻ってきたら、できれば来年から通う幼稚園、もしくは今の幼稚園の教室にまた入れてあげたいと思っています。

お友達ともしばらくお別れだけど、帰ってきたらまた遊んでね!
[PR]
by miharunmama | 2008-10-01 17:38 | 2歳6ヶ月~3歳

06年1月生まれの長女と08年11月生まれの長男の成長と子育てについてつづる日記です。
by miharunmama
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のトラックバック

子供に名前を付ける際の注意点
from 子育て、育児、保育の悩み解決
金のたまご-白いんげん豆-
from おすすめ

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな