姫と太郎のぽかぽか日記

産院選び

私はこういうスタイルで産みたいとか、出産に対するこだわりはあまりなかったのですが、どこの病院で出産するかは、散々迷いました。
読んでくださる方の中には、これから子供を産む方もいらっしゃると思うので、参考になるかはわかりませんが、ここでは、私の産院選びについて、少し書いてみたいと思います。

私が最初に、妊娠検査薬で妊娠していることが分かった後、とりあえず、自宅から最寄りの産院へ行ってみたのですが、建物や設備が古かったのと、診察までとても待たされたため、あまりいい感じがしませんでした。
その後、ネットや本で、産院について色々調べてみたのですが、産院に関する情報は意外と少なく、設備や費用はわかっても、病院の雰囲気や助産士の対応など、一番知りたい情報はあまりわかりませんでした。
まあ、これらは主観的なことですし、実際に通院してみなければわからないことなので、私は「ここで産みたい!」という本を参考に、自宅から電車一本で行けて、土曜日も診察してくれる、某総合病院へ通うことにしました。

私が産院を決める条件としては、
立会い出産ができること、
そこそこ、病院の規模が大きく、評判もいいこと、
実家と自宅両方から通いやすいこと、
費用がそれほど高くないこと、
過度なサービスはいらないが、設備が整っていて、きれいなこと、
昼間は母子同室で、夜は預かってくれること、
病室は個室でなくてもいいが、多くても6人部屋であること、
出産間近まで会社で働いていたので、土曜日の診察があること、
診察であまり待たされないこと、
というものでした。

その後もいろいろな病院に電話をしたりして調べたのですが、あちらを立てればこちらが立たず、という感じで、すべての条件に合う病院はなかなか見つからず、結局、妊婦検診に通っていた総合病院で産むことにしてしまいました。

この病院の診察は、いつもあっという間に終わってしまい、先生の応対もたいてい事務的で、あまり親切丁寧という感じではなかったので、本当はもう少し実家に近い、違う病院にしたいと思っていたのです。
でも、どこの病院に行けばいいのか決めかねてしまい、途中から違う病院にかかるのが面倒になってしまったのと、よく考えてみれば、それまで通院していた病院は、対応が事務的であることと、医療技術的なレベルを除けば、私のあげた条件を、だいたいクリアしていたので、結局どこで産んでも、産むこと自体にはそんなに変わりはないだろうと、最終的には、それまで通っていた病院で産むことに決めたのでした。

ただ、今にして思えば、やはりもう少し、医療技術やまわりの評判を重視して選ぶべきだったと、ちょっと後悔しています。
陣痛室では、助産士はあまり様子を見に来てくれず、事務的で、かなり不安な思いをしましたし、出産後、胎盤遺残となり、その処置で、相当辛い思いをすることになったため、病院に対する評価はマイナスになってしまいました。
もし違う病院で産んでいたとしても、同じ処置が施されたとは思いますが、それにしても、少なくともあそこまで痛い思いはしなくて済んだのではないか、と思わずにはいられません。
あの経験がトラウマとなり、もう子供を産む気になれないくらい、出産が辛い思い出になってしまいました。

もちろん、私が産んだ病院すべてが悪かった、というわけではありません。
産後の助産士の対応は、まあまあ親切でしたし、昼間は母子同室で、夜や都合が悪いときは新生児室で預かってくれることも、ゆっくりできてよかったと思います。
産んだ後は、たまたまですが、同じ病室の人は全員翌日までに退院していってしまい、しばらく個室状態でのんびりできたし、その後入ってきたMちゃんとはお友達になれて、今でも親しくお付き合いしています。
また入退院の際、希望者には送迎のサービスがあるので、私も退院時には病院の車で実家まで送ってもらいました。
もし後産であんなことさえなければ、ここで産んでよかったと思っていたかもしれません。

出産に際し、なにを重視して病院を選ぶかは、人それぞれだと思いますが、設備やサービス面だけでなく、実際にそこで産んだ人に聞くか、できれば私のように面倒くさがらず、実際に診察を受けてみるのが一番だと思います。
[PR]
by miharunmama | 2006-07-16 01:04 | 出産

06年1月生まれの長女と08年11月生まれの長男の成長と子育てについてつづる日記です。
by miharunmama
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のトラックバック

子供に名前を付ける際の注意点
from 子育て、育児、保育の悩み解決
金のたまご-白いんげん豆-
from おすすめ

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな